Vアップシェイパー加圧とEMSでV字絞り!

VアップシェイパーEMSでシックスパックを作るには?

アスリートのVアップシェイパーEMSの使い方

VアップシェイパーEMSを使っていくうちに、腹筋が鍛えられ基礎代謝も上がるので、お腹周りは以前と比べるとスッキリしてきます。

 

ここでどうせなら「シックスパックの割れた腹筋を」と思うのは人情ですが、それには少し知らなければならないことがあります。

 

割れた腹筋の持ち主たちのアスリートは、どんな時にVアップシェイパーEMSを使っているのかと言うと「どこでも、気軽に・・」という使い方はしていません。

 

アスリートは筋肉を作る仕組みや体脂肪を燃焼させる仕組みを熟知しているものです。

例えば筋トレは、気持ちが良い程度の適度な運動では筋肉は付かないということは、彼らの常識です。

ギリギリまで追い込んで、さらに限界の数十回で筋繊維を一度壊して、その回復で筋繊維が太くなっていくという独特のメカニズムを知っています。

 

ですから、アスリートたちは筋トレをなるべくギリギリまで頑張った後の仕上げとしてVアップシェイパーEMSを使ったり、脂肪をきちんと落とした後のボディメイクに使うことが多いものなのです。

 

また以前は、腹筋運動などの筋トレは、ジョギングなどの有酸素運動の後に行うのが良いと言われていました。

 

ですがここ数年、有酸素運動の前に筋トレなどの無酸素運動で刺激を与えることで、有酸素運動の効果がより持続するといわれていて、アスリートたちはVアップシェイパーEMSをジョギングなどの前の刺激としてとして使っています。

 

そして、これは私たち一般レベルの人にもオススメの方法です。

 

シックスパックの作り方は筋肉を休ませてあげる事だった!

VアップシェイパーEMSを使って基礎代謝がアップして体が締まってきたら、さらにしっかりと刺激してメリハリボディーを目指すこともできます。

 

ぽっちゃりお腹もシックスパックに変身できます。

ただし、VアップシェイパーEMSは着用するだけで筋肉が刺激されるので、そのお手軽さから数時間連続して使う人がいますが、これは危険です。

 

なぜなら、実際に自分の意志で腹筋運動などをしているわけではないので、脳には疲労していることが伝わらない状態で、筋肉自体はかなり疲労しています。

 

筋肉にはもともと修復機能がありますが、ただしこれには筋肉を休ませることが大切です。

 

筋トレによって疲労し、繊維が切れてしまった筋肉は修復機能によってさらに強化されていくので、この時に筋肉の増加が期待できてメリハリボディーを作っていくことができるのですが、この修復機能を「超回復」と言います。

 

この超回復に必要なのが、筋肉の休養です。

 

つまり、筋肉をしっかり疲労させた後は、しっかり休ませてあげないと、オーバートレーニングとなってしまい、効果はないばかりか逆に故障に繋がってしまうこともあります。

 

 

実際にアスリートは、筋トレ・休養・筋トレと繰り返しながら、時間をかけて体を鍛えているものです。

 

ですから、VアップシェイパーEMSを使って腹筋などを鍛える、シックスパックを作りたいと言う時は、腹筋に疲労感や筋肉痛を感じたら、そこが休止する目安です。

 

この筋肉痛こそ、筋繊維が切断していて超回復で腹筋が太くなるチャンスですので、しばらく様子を見ながら、痛みが落ち着いてからVアップシェイパーEMSを再開させましょう。

正しく使ってシックスパックを作る【VアップシェイパーEMS】公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。