Vアップシェイパー加圧とEMSでV字絞り!

VアップシェイパーEMSのサイズの選び方

今の自分のお腹にあったサイズを選ぶことが大切

VアップシェイパーEMSは、S・M・L・LL・3Lの5つのサイズから選べます。

・S サイズ (ウエスト:58~64cm)

・M サイズ (ウエスト:64~70cm)

・L サイズ (ウエスト:69~77cm)

・LL サイズ (ウエスト:77~85cm)

・3L サイズ (ウエスト:85~93cm)

 

公式サイトには、サイズ選びについて以下のように書いてあります。

 

計測の際は「お腹の一番細い部分」をはかってください。

きつく締まる形状となっております。サイズを間違えないようにご注意ください。

サイズ間違えの返品は承れません。

 

VアップシェイパーEMSのサイズ選び

また電話でVアップシェイパーEMSの洗濯の方法について聞いたとき、ついでにサイズ選びで失敗したときの返品について聞いてみましたが 「包装を一度破られると、商品の返品はお受けできません。」とコールセンターのお姉さんは言っていました。

 

なのでここは慎重に選ぶ必要がありますね。

 

あと、気になるのは、VアップシェイパーEMSの効果で、ポッコリお腹が改善されてスッキリしたときの事です。

 

つまりめでたくお腹がへこんでユルユルになったVアップシェイパーEMSをどうするのかと言うこと。

 

じゃあ「将来お腹がへこむことを計算して、小さめのサイズを選んだ方が良いのか・・・?」と思う方もいらっしゃることでしょう。

でも、そんな、しみったれたことを考えるのはやめましょう!^ ^;

 

今解決しなければならないことは、出っ張ったそのぽっちゃりお腹のことのはずですね。

それがスッキリした後の事は、その時になってから考えましょう。

 

VアップシェイパーEMSの効果を最大限高める為には、 今の自分のお腹にあったサイズ選びをする。

これが大切なことです。

 

サイズが大きすぎると着圧感がなくなって、逆に小さすぎると、はくことすらできなくなるかも知れません。

 

じゃあ、例えば69cmならMかLか、いったいどっちなんだというと、サイズ表で69~77cmがLサイズなのですが、 基本的にはMサイズを選ぶのが正解です。

 

で、効果が出てきて64cmに落ちて、もっとすっきりしたいならSサイズを再購入と言うことでしょうね。

最初から現サイズ用と一回り下のサイズを同時購入して、自分に喝を入れ続けるのもアリかも知れません。

 

 

VアップシェイパーEMSを上手にはく方法

VアップシェイパーEMSの生地は、一般的な補正タイツの約5倍の560デニールもありますので、全く伸びない素材ではないのですが、かなりの着圧感があります。

ですから端を持って上に引っ張るのではなく、両手をお尻側の中に入れて隙間を作って、そのまま上にスライドさせるとスルリと装着できます。

 

 

装着の正しい位置は、下図の通りでVラインの曲がった部分をおへそに持ってくるのが正解です。

 

 

【付けたら即スッキリお腹に変身】のVアップシェイパーEMS公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。